義母を送る娘。

昨日親しい方が94歳でお亡くなりになり通夜に参列しました。実の長男さんはいらっしゃるのですが、先妻の娘と同居しておられました。娘さんが小さい頃お母さんを亡くし、お父さんと二人暮らしでしたが、娘さんがママ、ママと慕ってくれたので可哀想になって後妻に入いられたと聞きました。立派な私立女子大学を卒業され、大手絨毯メーカーに就職し、幹部社員にまで昇進され、定年過ぎても働いておられました。当然家事全般は義母に任せていて、料理一つしたことはなく、退職して義母から教えを受けておられたそうです。親しくされていた方からお聞きすると、立派なお医者さんとのご縁もあり、先様の両親からも望まれたのですが、それを断り義母との暮らしを取られたそうです。いつもお母さんと一緒でした。口の悪い義母に対して「はいはい」と言うだけで、はむかうような態度は一度も見せたことがなかったとか。通夜の時に「よい親孝行をされましたね。お母さんも喜ばれているでしょう。」とお声を掛けました。