ちょっとした怪我に「まもるくん」。

おみおつけに昨日家内が買って来たカボチャを具に入れようとして、うっかり左の親指を包丁で切ってしまいました。カボチャの皮が硬いので切る前にわざわざ刃を磨いたのがあだになりました。血が出て痛みが走りましたので直ぐに「まもるくん」を噴霧しました。血がほぼ止まったところでもう一度「まもるくん」を噴霧してからバンドエイドを貼りました。5分ぐらいの処置ですがお陰で痛みもありません。傷口を見ると1.5cmくらいありました。家内に何でカボチャみたいなものを使うのよと怒られてしまいました。無理は禁物ということです。しかし、またまた「まもるくん」の痛みの緩和作用と除菌力のすごさを自分で証明することになりました。