金ケダルに拘らなくても。

連日選手達の頑張りでメダルラッシュが続いています。よく頑張るな。有難うございますと言いたい。予選で涙する選手達の言葉を聞くと痛々しくて見ていられない。プレッシャに押しつぶされ、雰囲気に飲まれ、体調が万全ではなく、普段通りの力が発揮できなかったのでしょう。王監督率いる日本チームがWBCで奇跡の優勝を果しましたがその時の弘田コーチが新聞で語っていました。負けたら日本に帰れないので他の国に行きたかったと。だから柔道など勝って当然と思われている選手の気持ちは皆そうなんだと思います。折角努力して日本代表になったのに、こんな精神的な苦悩が待っているとはよもや思わなかったでしょう。暖かく迎えてあげましょう。クーベルタン博士曰く「参加することに意義がある」のです。