なぜ「まもる君」は野良猫に忌避性があるのか。

弊社9月情報(3)でお知らせしましたところ、何故ですかという問い合わせが多いので開発者の宮明邦夫社長にお聞きしました。要旨をかいつまんでお知らせします。

樹木にとって、自己保存の上で病原菌や害虫に次いで動物は危険な対象です。爪を立てたり、歯で噛みついたりするからです。そこで小動物に対して忌避性が高いヒノキチオールが残されたと考えられます。しかしながら野生の野良猫などには一定の効果がありますが、飼い猫などには余り効果が認められません。それは家畜類は野生種よりも感受性が鈍っているからではないかと考えられます。

ご理解頂けたでしょうか。それにしても不思議ですね。神秘性を感じます。