石原慎太郎東京都知事

今朝の関西テレビ新報道2001を見た。石原都知事特集のような番組であった。石原さんはタカ派の象徴と言われているが、果たしてそうだろうか。真剣に国を憂い、愛して止まない愛国主義者だと思う。彼の実行力が今の政治家たちに欲しい。特に外交は彼の言うように力がないと侮られてしまう。きれいごとではすまない。中国や韓国、北朝鮮を見れば分かる。最低限自国を守れる防衛力は必要である。日米安保を過大評価できない。アメリカは自国の利益優先であり、都合が悪くなると助けるどころか、さっさと逃げてしまうであろう。憲法改正して国防軍を持てるようにするのは致仕方ないとしても、石原さんの主張される核を持つかどうかは広島長崎を経験した国民感情が許さないであろう。むしろ敵対国が考えられないような脅迫行為をすれば、すぐにでも持つ技術力は日本にはあるよと言い続けることである。それが抑止力になると思う。恐らく今の日本の科学技術力からすれば周辺国がこれをブラフとは思わないであろう。