「いのち」と「こころ」が全ての基本

この国はどうなっていくのでしょか。今日も国技である相撲の世界で可愛い弟子を親方が先頭になっていじめ殺したのではないかとの報道。近くの京田辺市では16歳の女の子が父親を斧で殺害するという嘆かわしい事件が発生しています。ここ数年起こっている事件はこれからも件数が増え凶悪になると思います。それは一番大切にしなくてはならない「いのち」と「こころ」がないがしろにされているからです。北朝鮮による拉致問題よりも核問題が優先するという政治家が大半です。一人の命を大切にしないで何が東南アジアの非核化でしょうか。根本は同じ命です。人数の多寡ではないはずです。闇の北九州方式に見るように平気で憲法違反をし、生活保護者を切捨て、餓死させています。教育現場でいじめが横行しているのに先生方は真剣になって防止に取り組みません。警察も身の危険を感じて助けを求めている被害者に犯罪が起きていないからという理由で防止に消極的てす。国も行政も教育現場も警察も全が後手後手です。
国を挙げて「いのち」と「こころ」を大切にする運動に取り組んではと思います。国や行政は善行を表彰する。昔親孝行な子供を表彰したように。国会で、教育現場で、マスコミ挙げてキャンペーンを長期間行って大きな流れを作ってはと思います。皆さん如何思われますか。